シタデルのブログ 些細な日常

I need to my focus. This is very important in my life.

INDEX

<< 製品の発売履歴

完成品一覧のページ >>


李陵・山月記 中島敦

本(模型と関係ない) ] 2019/12/15(日)

001_20191215020532331.jpg

数ヶ月前、テレビのバラエティ番組で山月記の事が紹介され、この作品を知ることに。
テレビであらすじが紹介され、ストーリーにも勿論興味惹かれたのだが、それ以上に番組内で言及されていた作中のある文言がすごく気になったので、確認のために是非、読みたいな、と。

文言とは「自尊心」
主人公はそれのために人となじまず、超自然的な力により、人食い虎(獣)と化してしまう。

(↑)の寓意はわかるんだけど、自尊心の為に人となじめず、人と相容れず、そして獣に化けちゃうなんて、少し展開としておかしいな?
きっと番組スタッフは別の言葉を間違って使っているんだろう?
多分、原本では、「思いあがり」とか「傲慢」とか「自意識過剰」とか、そういう類の言葉が使われているんじゃないの?と、想像を逞しくしていたのだが、原本でも「自尊心」と表記(ガ~ン、、)

原本には「自尊心」と記述されているのだが、それでもやっぱり納得できない。
自尊心ってあって然るべきものであるし、高く持つべきものだから。
そして、ふと思う。
作者の中島敦さんがこの作品を執筆したのは昭和17年(わお)
その頃と今では言葉に対する解釈用法が違うのじゃなかろうか?と。
そう思うと、作中主人公が友人に漏らす、「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」という表現も何だかおかしな言い回しだな~?と。
言わんとするところは察するのだが、言い回しがなんかヘンだな、と。
戦中はこういう言い回しだったのだろうか?
現代的に言うなら、「根拠の無い自信」と、4文字熟語の「厚顔無恥」ってところだろうか?
主人公は根拠のない自信から誰に師事することもなく、他と切磋琢磨することもなく、かと言って己を厳しい目で見る事もせず、しかし厚顔無恥にも、己の才能を信じきっていたので現実から目を背けるばかりで、ある日それらに身体を奪われ獣と化してしまった。
獣と化してしまった主人公は友人に自分の詩を世に発表して欲しいと望み、次に残された妻子の世話を頼む。
作中、主人公もこの順番は間違っていることに気付き自嘲するが、根拠のない自信に捉われたものは彼に限らず、こんな境遇に遭ってしまっても、先ず第一に、「己」なんだろうか?
獣と化した下り、そしてそれに続くことから、強すぎる利己主義を諌める秀逸な寓話。
現代のSNS社会においても、肥大し続ける承認欲求とそれの充足のため、「映え」のワードの元、非常識な事を繰り返す人達も、ヒトに害なす、人食い虎と化してるのかも知れないな。

(そして、撮影機材や、撮影マニュアルのお蔭で、見栄えは良いがそれらはただ、『お手本どおり』にしただけで、才能ではない。
作中主人公の友人が、虎が詠唱する詩に感じた違和感とは、こういう事だったのじゃなかろうか?)
03:10 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


1/48 ドラゴン Ta154 塗装編 3

48P・メイキング ] 2019/12/15(日)

ちょっと、ウェザリングなんかをw
001_20191215014531e23.jpg
002_2019121501453036c.jpg
003_201912150145306c2.jpg
004_20191215014529254.jpg
久しぶりに48の飛行機塗ると、どういう風に仕上げようか?と躊躇する。
まぁでも取り合えず、もうこれで終わりにしてデカール貼って、クリアー吹いて、墨入れして完成という事に。
ところで、墨入れはクリアー吹いてからで良かったのかな?ww
01:49 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


師走だねっ!w

● 雑感 ] 2019/12/14(土)

12/14
私が「つまんない人生だな~」「何か別のことでもしなくちゃ、延々このままだな~」と、悶々としていたころに始ったM1。
毎年楽しみにしてるんだけど、今年のファイナリストのうち3組しか知らない。
「別のことをはじめて」夢中でそれをやってる間に、あ~オレも歳とったな~(爆)

12/1
「ケンタッキー」と「洗濯機」って語呂が似てるw

12/1
今年は去年にもまして、『何にもしてない、何にも出来てない』感を禁じえない。
ボク、何だかこの自嘲感に押しつぶされそうww
16:30 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


修理

第2章 ] 2019/12/13(金)

この記事はブロとものみ閲覧できます
14:05 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


1/48 ドラゴン Ta154 塗装編 2

48P・メイキング ] 2019/12/11(水)

気に入らなかった76を吹きなおして、75を。
001_201912111642141fa.jpg
002_2019121116421464f.jpg
003_20191211164213cfe.jpg

塗りわけの型紙を組説のマーキング例を拡大コピーして作る。
005_201912111642126dc.jpg
006_201912111642114da.jpg
007_20191211164210edc.jpg
008_201912111642426ca.jpg

んで、唐突にこの状態w
009_20191211164241674.jpg

う~ん、、、
74にしては彩度あり過ぎだなぁ~、、、^^;

010_20191211164240a9e.jpg

もう吹きなおせないので、とりあえずオーバーコートして彩度を落すことにw

模型って趣味は手間とコストの上に成立するものなんだな~、と何気に思う。
011_20191211164239b8e.jpg

格差社会
非正規雇用
ワーキングプアー
低所得
ネカフェ暮らし、、、etc

そういう到底、人の暮らしと思えない営みが常態化している人達。そしてその人達の存在が、なんとなく当たり前のように見過ごされつつある昨今の日本。
そんな今の日本で、こんな手間と費用のかかる模型って趣味は一体どうなるんだろ?
身近なアニメや車をモチーフに製品を作っても、ライト層向けにデイフォルメキットを作っても、(いやそもそも「ライト層」なんて存在するのか?ww)
じっさいに買える人がいるのか?ってことです。

衣食住足りて礼節を知る。
衣食住を持てない賄えないって人の存在が普通になっちゃった日本で、

だから"実際に買える人に絞って商売するのがスマートで、当たり前"①という考えに基づいた展開が推奨推進されてますが、
いや、シタデルさんの中には、そういう考えはないよね。
大体、100年企業1000年企業の経営トップは、全体を見る。将来を見る。理想を見る。
だから私の中には①は無い。

そうね~
私が創りたいのは社会だねw
17:20 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

Thank You for Your Access

Twenty Twenty

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

検索フォーム