シタデルのブログ 些細な日常

I need to my focus. This is very important in my life.

ゴリアテ 製作 (4) #模型製作

C・メイキング ] 2021/01/02(土)

2021/1/2
という訳で2021年w
003_20210102215518f12.jpg
去年はぼけぇ~と遊び呆けていた一年だったと思ふww
まぁ、法人化も済んだし、金も(ちょびっとw)あるから、もの作るだけですわw

004_20210102215517012.jpg
005_20210102215516ca6.jpg
と、よそ様の製品作ってンだから、何してんだろ?ww
という訳で完成へ

12/14
気分転換にゴリアテを塗る。
001_20201214095805ce3.jpg 004_2020121409580324f.jpg

それにしても先週一週間は最悪だった。
全然関係なく、、いや関係なくは無い。むしろ関係者だw
関係者だけど、それの記憶が丸々無くなっていたので思い出すのにすごい時間がかかった。
「昭和」なら普通のことだったのだが、今は「令和」だw ←って、説諭される。
とにかく、丸々一週間飛んだ。
とにかく思い出すのが大変だった。 だって昭和ならあまりにも普通の事だったからw

それはともかく、このプロペラの角度はこのくらいで良いのかな?
006_20201214095804c60.jpg
可動じゃないから、ちょっと角度に悩むw

12/1
はい。今日から師走です。
でも変らずゴリアテ塗ってます。(こらw)
001_20201201091412fc9.jpg

とりあえず2トーンで陸軍カーキを吹いたが、くすんでるので、もう1トーン上げて吹くか?w
002_20201201091411446.jpg 003_202012010914105c7.jpg


11/20
塗り分けるためにマスキング
001_202011201544102e7.jpg
002_20201120154409e6b.jpg

使ったマスキングゾル
003_202011201544089ef.jpg
塗料の上から塗装しても塗料に食いつかないので、こういう作業に向いてる。
ただ、乾燥後のカットはしずらいので、飛行機のキャノピーなんかのマスキングにはお薦めでない。

11/19
こんな青い飛行機、飛んでたかな~?
と思いながら、とりあえず青く塗る。
001_20201119015044da9.jpg
作る前にDVDをゲオで借りたのだが、時間がなくて結局1回見ただけw

昨日や今日、エアブラシで塗装を始めたのではないが、始めてスタンドを買った。
それまでは、口の小さなコップに差したり、空き缶に差したり、、w
002_20201119015043191.jpg 003_202011190150429f1.jpg

クレオスさんのこのスタンド、見た目は少し垢抜けないが、さすがスタンドだ。
エアブラシをしっかりホールドw

そして、「オイモ」さんw
006_20201119015041d7f.jpg 008_20201119015040a56.jpg
作業机も久しぶりにしっかり片付いた。
今年は本当にバタバタのバタバタだった。
まぁ、ちょっとずつ片付いて行くだろうw

一つ戻る
22:08 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


ゴリアテ 製作 (3) #気分転換

C・メイキング ] 2020/11/18(水)

11/18
という訳で本日のお芋さんw
003_2020111809522985c.jpg

プロペラ支柱の置くに、銃座(砲座?)があるのですけど、ちょっと現実的じゃありえないな~^^; と。
まぁ、アニメのメカですけどw
001_202011180952282a6.jpg 002_20201118095227a41.jpg


11/13(金)
と言うわけでゴリアテさん。
001_20201113045028afa.jpg

ボデイはこの接続ピンを介して接合される。
002_20201113045028217.jpg 003_2020111304502714e.jpg
004_20201113045026558.jpg
アニメキットの宿命というか、運命(と書いて、「さだめ」と読む)の「スナップフィット」をファィンモールド様流の解決手段ということなのだろうか?
接着前提のモデラーさんなら、この接続パーツを使わずに貼り合わせた方が、組み立てやすいと思う。
(多くのガンプラがそうであるように)

胴体張り合わせたら、いきなり塗装しろの指示w
005_20201113045025687.jpg
「塗装するのは良いんだけど、(このおイモさん状態で)持ち手はどうするんだ?w」と、少し焦るw

「まぁ、持ち手にできそうなのは、ココ位だよな~」と先っちょの口ばしに注目。
006_202011130458080a9.jpg

それにしてもこの口ばし、勘合精度がすごい。
007_20201113045807cb5.jpg 008_20201113045806e4f.jpg
面がぴったぴたw
このパーツは所謂、「後はめ、後づけ」でオッケー

艦橋付近の砲塔は、抜けの関係で砲身がついてないので、真鍮線か延ばしランナーで。
009_20201113045805577.jpg
平らなリベット状のモールドはありますが。

11/10
「11月も1/3が終わりだな~」と思いながら、ペイントするw
001_20201110221117522.jpg

一つ戻る
10:28 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


ゴリアテ (2) ファインモールド

C・メイキング ] 2020/11/09(月)

11/9
大佐さん、塗装中
001_20201109213126cc3.jpg

005_20201109213124a89.jpg 006_20201109213123f29.jpg

使ってるのはセラムコート
007_20201109213121b31.jpg
一時はホームセンターでも売ってたけど、最近は見ないw
「模型」や「手芸」等のアナログ趣味する人、減ったんだろうね~

ゴリアテさんの飾り台
002_20201109213125c3f.jpg

008_20201109213120f3b.jpg

009_202011092131410cb.jpg
こちらも同じくセラムコート
とりあえず一つ進む

11/8
気分転換にゴリアテの作業を再開
001_202011082153306c9.jpg 002_20201108215329aa0.jpg


と言っても、今のところ大佐さんだけだけどw

2/16
カゼひいて頭痛いし、身体痛いし、セキで喉は痛いしで最悪だぜw
001_20200217025459797.jpg 002_20200217025458a78.jpg
とりあえず、何かしとかんと、何にも進まないので大佐さんの作業を再開。
まぁ、普通は仕事の模型を進めるのだろうけど。
やっぱ、病気ってのは人をバカにするなww

1/31
取り合えず左腕がおさまるようになったボディ
031_20200131060833585.jpg

032_20200131060832911.jpg 033.jpg
疲れた(爆)

1/24
004_20200124174152b67.jpg 005_20200124174152902.jpg
ポケットはこんなところに付いてるのかな~?
と思いながら、ちょっと成型w

1/22
合わん^^ (爆)
003_2020012217142775d.jpg 004_202001221714262b1.jpg
左手の位置とポケットが合わんw
肩甲骨と腕の位置が合わんw
取り合えず合わんのでパテの出番


1/21
取り合えずフィギュア
017_20200121123629cfb.jpg 018_20200121123628186.jpg

このキットはスナップフィットなので、ピンが設けられているが、削った方が接着しやすい。

1つ戻る
21:37 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


ゴリアテ ファインモールド

C・メイキング ] 2020/01/21(火)

という訳でファィンモールドさんの新製品のゴリアテさんw
003_20200121120251e04.jpg

ちなみに、ラピュタはテレビで放送されたのを、多分1回見ただけなので、内容はオボロゲな記憶のみ、、、w
ただ、何故かパッケージトップにストーリーのあらすじが書かれているので、私のようなタイプは、そうそう少数派でもないのだろう。
(多分w)

中味はけっこう、あっさりしてる。
プラモメーカーはもちろんお肉屋さんじゃないけど、日本の戦車シリーズと比べると割高な印象。
005_2020012112025009c.jpg

ゴリアテ推進用(多分、、ゴリアテの設定は全く知らないのでw)のプロペラは抜きの関係で真っ直ぐ。
作る時に「くいっ!」と捻って、ブレードっぽくw
006_20200121120250497.jpg

付属のミニタイガーモス(ラピュタの事は殆ど知らないが、このメカの名前と形は知っている)
純正アクセサリーで首の部分のエッチングが出たりして?w
007_20200121120249135.jpg

ウネウネしたゴリアテ本体に、繊細なスジ彫りが。
専らスケールモデルを作っている、ファインモールドの面目躍如ってところですね^^
008_20200121120248251.jpg 009_20200121120247c0c.jpg 

組説に繰り返される、「陸軍カーキ」「陸軍カーキ」「陸軍カーキ」、、、
013_202001211204028b4.jpg 014_202001211204011f8.jpg

うん。
このアニメプラモはマゴウコトナク、ファインモールド製だ(爆)

で、オマケの人。
私は「こういう、意地悪な人が悪役で出てたな~」という程度なのだが、発売前、ツイッター等で随分話題に登っていたので、結構人気があるのだろう。 (でも知らないw)

010_20200121120546b67.jpg 011_20200121120546502.jpg 012_20200121120545388.jpg

そして発売前、フィギュアのサイズの存在感がツイッターで、やはり受けていたが、組み説内でも結構な存在感w
016_20200121120545977.jpg

という訳で組み立て編に進むw
12:33 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


エレールのS35

C・メイキング ] 2019/03/09(土)

2019.3.9
ガルパン版のS35は砲塔の形が違う(ガ~ン)
なので良く調べるために古本のモデグラをアマゾンで入手
006_20190309190028832.jpg 007_201903091900271b9.jpg
模型業界人の私だが模型の月刊誌は買わないし、アートボックスさんは出版物を送ってくれない(所謂「献本」という類)
まぁ、毎号毎号献本してもらっても、今のモデグラとは年齢的に合わないので持て余すだけだから結果オーライなのだ。(注)
008_20190309190026261.jpg
↑の概略図と↓の砲塔を比べるまでもなく、一目見ると、うん。違うわww
009_201903091900264fe.jpg

ここのグリルも違うけど、ここまでやると完成しないのでパス。
010_201903091900257f5.jpg

ティーガーIの時はネット上に怨嗟の声が上がっていたが、今回は聞かない、、、。
やっぱりS35って人気ないのかな?
(まぁ、ガルパン人気も落ちてきてる⇒ガルパンキットを買う人数減⇒声を上げる人も減。という事なんだろうねw)

注)
あんまり、こういう表現はしたくないし、自分で自分の事を「プロ」と称したくない。
そして、自分で「プロ」と称してる人ほど、プロじゃないと思う。
ツィッター等で「○○の献本が届きました」と頻繁に喧伝してる人も居るが、バカバカしくも幼稚臭い子供じみた自慢臭の印象を持つ。
だから私は献本が届いても、その事(献本が届いた)はオープンにしない。

2018.9.10
押入れの中をゴソゴソしてると、箱のつぶれたグンゼ扱いのS35に遭遇
1.jpg
「このキット程、箱換えのバリエーションの多いキットも無いんじゃなかろうか?」と他愛もなく想起、、、
そしてまた、「二式陸偵が「Gの7化け」と自嘲まじりに称されていたな」ともw

2.jpg 3.jpg
箱の横の画像も懐かしすぎるw

ちなみの中味。
4.jpg 5.jpg 6.jpg
昔々、純エレール版のキットを組み立てたことがあるので、それを言えるのですが、履帯が固くて固くて大変なんですよ、このキット。

さらにちなみにと言うか、言うまでもなくみなさんがご存知の最新箱換えのガルパン版。
リンク先の画像を見る限り、履帯は最近の接着と塗装が出来、軟らかくて扱い易い材質に変更されているようですが、あれは経年で変質するんですよね~。
必ず全部がそうなるとは限らないんですけど、可塑成分が滲み出してきてカチカチに。
そうなると、もうダメ。
装着出来ない(わぉ)
組み立て後にそうなっても、結局装着してるので問題ないんですけどね。
履帯だけタミヤ様のカスタマーサービスに頼む。という選択肢になるんでせうか?
19:33 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

Thank You for Your Access

Twenty Twenty

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

検索フォーム